季咲夏香	スペシャルインタビュー
――夏香さん、このお仕事をする前は何を?
「美容関係……エステティシャンとして働いていました」
――このお仕事をしてみようと思ったきっかけは?
「……ヒマだったんですよね(笑)」
――え(笑) エステティシャンってヒマなんですか?
「もちろんお仕事をしている時は忙しいんですけど、お休みの日にジッとしているのが苦手で(笑)」
――そういう意味でヒマだったんですね(笑)
「そうなんです(笑) エステティシャンのスキルを活かせる副業みたいのはないかなあ……と思って求人サイトを見ていたらはんなりを見つけた感じです(笑)」
――初対面のお客様から第一印象で言われる事って?
「『声がキレイ』とか……会った瞬間『Sでしょ』とか(笑)」
――いきなり決めつけ! でも優しそうな、可愛らしい印象の中に小悪魔っぽい雰囲気もあるので、お客様の気持ちもわかります(笑) 実際はどうなんですか?
「実際はSもMも両方持っていると思うんですけど、最初に『Sでしょ』って言われたらSぶります(笑)」
――Sぶる(笑)
「そう言うって事は求めているって事なのかなと(笑)」
――たしかにそうですね(笑) 脱いでみてお客様から褒められる身体の箇所は?
「全体的なバランス?『スタイルいいね』と……」
――オプションをつけて触っていい範囲内での性感帯は?
「内ももあたりが弱いですね♪」
――マッサージでの得意、好きな部位は?
「健全な方ですか?」
――ぶはっ!では健全な方で(笑)
「足・脚のマッサージが得意です」
――不健全な方は?
「不健全と言っていいのかわかりませんが(笑)睾丸ですね。おすすめです♪」
――タイでは真面目なマッサージですからね。
「そうなんですよ。回春だけじゃなく疲労回復にもなるので、ぜひ受けてみてください♪」
――エッチなサービス中で好きなプレイは?
「何でも好きなんですけど、共通しているのは一方的じゃなく、お互い同時にするのが好きですね。触りあったり抱きしめ合ったり……」
――男性の身体で好きな箇所は?
「……それこそ睾丸ですね。自分にない、異性の象徴みたいな。それでいて柔らかくて触っていても気持ちいいですし(笑)」
――自身のエロスイッチが入るシチュエーションは?
「真面目なマッサージから、四つん這いになったあたりくらいからですね……」
――四つん這い……恥ずかしがる人いません?
「います。でもやってもらいます(ニヤリ)」
――わあ!Sな一面が!
「責めは好きなんですけど、Sに目覚めてはいないと思うんです」
――ほう?
「気持ち良くなっていただきたいから責める……みたいな感覚なので、私の中ではドSみたいな感じではないんですよね……」
――なるほど。
「こういうコンセプトのお店なので癒されたい方、受け身になりたい人が多いですからね。そういった方にとってベストな女性になれたらいいなあって思います。Sキャラな女の子にもてあそばれちゃう……みたいな雰囲気を楽しんで貰うみたいな(笑)」
――可愛いSキャラ、ふんわりSキャラ、癒しのSキャラ……
「それこそはんなりなSキャラ(笑)」
――それです!ありがとうございます(笑) このお仕事をしたからこその新発見ってございます?
「マッサージの技術は自信があるんですけど、このお仕事はそれだけじゃダメなんだなあって」
――技術以外の部分も?
「はい。それこそ会話であったり、エッチさであったり、そういうもの全部含めて癒しになるんじゃないかな……と思います」
――エッチさも癒しも申し分なさそうですが。
「あはは、そうですか?(笑) ただ『マッサージ上手かったな』だけじゃなく『マッサージも上手いしエッチだし楽しかったな』って思って帰って貰えるよう頑張りたいと思います♪」
 ● インタビュアー 阿部定治(風俗ライター)